« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

和歌山 かつらぎ町楠本さんの和牛

かつらぎ町で和牛を育てる楠本さんです。

1

楠本さんは、

お肉のコンクールで

何度も賞に輝いているスゴ腕の持ち主。
Photo

牛ひとすじ30年の超ベテランで、

一頭一頭こだわりをもって育てています。







アガタでは、

楠本さんの和牛を炭火で焼き上げて

メイン料理でご提供しております。

1_5

1_2


1_4

「テレビに出ます」

2月10日(火)・17日(火)の2回、

18時から放送のテレビ和歌山さんの人気番組

@あっと!テレわか」のコーナー

@あっと!クッキング」に

僕が料理の先生として登場します。

ぜひご覧くださいね。




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

テレビ和歌山さんの番組のクッキングコーナーに出ます

今日は定休日。

お昼からテレビ和歌山さんが来られました。

18時から放送の人気番組

@あっと!テレわか」の

火曜日のコーナー「@あっと!クッキング」で、

僕が考えた

おうちで簡単にできるイタリア料理を

ご紹介くださいます。

Photo

Photo_2

取材担当の皆さま、リポーターの中川あみさん、

ありがとうございました。

リポーターの
中川あみさんのブログです↓

  中川あみオフィシャルブログ
  「あみっち、こんにちは。」





放送日時は

2月10日(火)・17日(火)の予定だそうです。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

和歌山市出島 アガタ菜園のブロッコリー

自家菜園のブロッコリーです。

1

昨秋に植えたのですが、

収穫できるようにまで育ちました。





軸の部分まで甘い最高の出来栄えです。

メイン料理の付け合わせなどでご提供します。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

アガタ菜園の芽キャベツ

昨秋に植えた芽キャベツが

収穫できるまでに育ちました。

1

芽キャベツの実がどうやって生るのかご存知でしたか?

茎まわりにびっしり育つのが面白いですよね。





自然農法で育てた芽キャベツは、

寒い季節ということもあり

ほのかな甘味があります。





アガタでは、パスタやメイン料理の付け合わせとして

ご提供しています。






| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

和歌山パンナコッタ

和歌山市出島のアガタ菜園で採れた

ピーナツ色のひょうたんの形をしたカボチャ

「バターナッツ」です。

Photo

このバターナッツを使って
パンナコッタを作ってみました。

1

1_2

1_3








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

和歌山市出島の自家菜園の里芋

自家菜園で育った里芋を掘ってきました。

3

4

その日に使う分だけを掘って収穫するので、とても新鮮。






オーブンで焼いて皮を剥き、

お肉料理の付け合わせなどでご提供しています。








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

和歌山 加太のサザエ 紀淡海峡のシラサエビ 近海のアブラメ

加太で獲れたサザエです。

Photo

加太の海に潜ってサザエを獲る専門の方に

分けていただきました。

こちらはオーブン焼きでご提供しています。





こちらはシラサエビ。

紀淡海峡の底引き漁で獲れたものです。
Photo_2

シンプルに塩茹でしたものを、

アミューズでご提供しています。




こちらはアブラメ(アイナメ)。 こちらも近海モノです。

Photo_3

豪快にオーブン焼きでご提供しています。

鮮魚のオーブン焼きは、日の仕入れによって魚が変を変えています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

自家菜園のバターナッツ

自家菜園のバターナッツ

3

和歌山市出島の自家菜園で採れた

ピーナツ色のひょうたんの形をしたカボチャ

「バターナッツ」です。






ヨーロッパの野菜で、

ナッツのような味わいの

サツマイモにも似た風味です。



秋に収穫したものを年越しで追熟させました。



スープにしても美味しいのですが、

今回は蒸してうら漉したものを練りこんで

自家製パンを作ってみました。

4





アガタのパンはすべて、

イチから自分たちで作っています。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

和歌山市の菜園にて自然農法で野菜作り

自家菜園のほうれん草です。

1

ほうれん草のまわりに

草がたくさん生えていますが、

これは意図的にそうしています。




普通は種を植える前に

畑を耕しますが、

うちの菜園では畑を耕しません。




クローバーなどの草を意図的に生やし、

草が根を張ることで自然に畑を耕してくれるのです。

もちろん無農薬です。




自然農法の実践者として有名な、

福岡正信さんや川口由一さんの理論を参考に、

より自然に近い状態で育てています。




写真のほうれん草はあと2週間くらいです。

収穫したらもちろんアガタでご提供します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

和歌山橋本 米本さんのラ・フランス

和歌山 橋本の米本さんご夫妻です。

Photo

和泉山脈の麓、標高 約250Mの寒暖差のある地で

ラ・フランスを作っておられます。


ラ・フランスの味の決め手は「追熟」。


追熟とは、収穫後、

一定期間置くことにより甘さを増すことを言います。



米本さんは、まず2~3℃の冷蔵庫で約2週間置いた後、

さらに常温で置くのだそうです。


なぜ一度冷蔵庫で冷やして追熟させるのか。

それは、果実にストレスを与えることで果肉内の

エチレンを発生させ熟成を促進させる為。

そううすることにより、甘くジューシーで

滑らかな食感が出るのだそうです。


アガタでは、デザートなどでご提供しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

和歌山御坊 塩屋の天塩の販売をはじめました。

和歌山御坊の菜の花会さんが作っておられる
塩屋の天塩の販売をはじめました。

Photo

「塩屋の天塩」は、日の岬南の海から汲み上げた海水を、

釜で時間をかけて炊き上げる天然塩です。

普通の釜炊き塩は、1つの釜で炊き上げますが、

菜の花会さんは、旨味を追求するため

あえて手間のかかる「登り釜方式」を採用。

3つの釜を使って炊き上げ、

不要な石灰分を取り除きます。

ちなみに理事さん曰く、

黒潮の分岐点が日の岬にあるらしく、

その南か北かでは、塩の味が全然違うんだそうです。

塩は人間にとってとても大事な素材であり、料理の命。

ミネラルたっぷりなこの塩に出会えて幸せです。

1袋400円で販売しております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

和歌山有田 岩武果樹園の岩本さん

和歌山有田のみかん農家
岩武果樹園の岩本さんです。

Photo

岩本さんの温州みかんは減農薬栽培。

自分の畑よりも山頂に

農薬をいっぱい使う畑があると、

その下にある畑はどうしても

その農薬をかぶってしまいます。

そうならないように、岩本さんは昔から、

山頂付近での栽培にこだわっています。

水はけもよく、

日も良くあたる山頂付近で元気に育ったみかんは、

とても甘いんです。

アガタでは、岩本さんのみかんのジュース

「温州みかんジュース」

をご提供しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。


昨年は、11月28日にオープン以来、

多くのお客様にご来店いただき

まことにありがとうございました。


本年は、さらに和歌山の地場食材にこだわり

お客様に喜んでいただける料理を

ご提供してまいりたいと思います。


今年もよろしくお願いいたします。

                  村下孝

本日2日18時より営業いたします。
ご来店お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »